So-net無料ブログ作成

食中毒を予防するための10項目 [食中毒関連情報NO2]

このところ、O-157の食中毒がニュースで頻繁に報告されて
います。感染経路がまだよくわかっていないは不安です。
観光バスの中でも、吐き気や腹痛など13人に食虫毒の
ような症状が出ていると聞き、こんなことは初めてです。

観光で回ったところでの食事が、関係しているのでしょうか?
何かこうなると外食もひかえたくなります。
外食に限らず、夏場は家庭料理にも気をつけたいものです。


食中毒を予防するための10項目

① 肉や魚は十分に火を通す

② 購入した食材は、すぐに冷蔵庫に入れる

③ 肉や魚を切ったまな板で野菜を切らない

④ 肉や魚を切った包丁で野菜を切らない

⑤ 賞味期限や消費期限を定期的に確認し、捨てる

⑥ 肉や魚、野菜は新鮮なものを購入する

⑦ まな板を定期的に除菌する

⑧ 調理前にハンドソープや石鹸で手を洗う

⑨ キッチンを定期的に掃除する

⑩ 食事の前にハンドソープや石鹸で手を洗う

なかなかこれを全部実行するのは難しいかもしれませんが、
夏場の食中毒の予防・対策に取り入れてみてください。

食中毒予防3原則はこちらをご覧ください




スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0