So-net無料ブログ作成

ジカ熱感染確認 [気になる健康情報NO2]

厚生労働省は2/25日、ブラジルに滞在した川崎市の
高校生(男子)がジカ熱に感染したことを確認した。
国内でのジカ熱感染者の確認は4人目となる。
その高校生は、2/9日~2/20日まで家族とブラジル
に滞在。20日に発熱し、帰国した後の22日に発疹が
でた。

熱は38度弱だった。24日には市内の医療機関を
受診し25日、国立感染症研究所で感染を確認した。
現在は発熱はなく、自宅で療養している。

ジカ熱とは正式にはジカウイルス感染症で、12日
以内の潜伏期間に発症する。
発熱や発疹、関節痛などが一週間続く。
大半は重症化せず、数日で回復し8割は症状が出ない。

妊婦の感染と脳の発育が不十分な小頭症の子供の
出生との関係が疑われている。
昨年5月にブラジルで始まった今回の流行は、中南米
を中心に36か国・地域で感染者が出ている。

日本にはジカ熱を媒介する蚊は入っていません。デング
熱も終息はしましたが、5月ごろより蚊が出できます。
外に行くときは長袖で虫除けスプレーなどで、蚊に
刺されないように注意が必要です。



スポンサードリンク



nice!(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1